自販機を設置しよう|社内の福利厚生に活用

ウーマン

オフィスのコーヒーとして

コーヒーを持つ人

オフィスコーヒーは福利厚生にも役立つことから需要を増やしています。必要とする人だけが料金を支払うことで、不公平感も無いのが理由のひとつです。会社で本格的な味を楽しめることも人気の理由となります。多くの場合はコーヒーマシンを無料で貸し出して、抽出するコーヒーをカプセルや袋という形で補充しています。中には一杯数十円と、喫茶店で味わうものと変わらない味を安く楽しめるものもあります。さらにメーカーごとに味を追求しているので、それぞれ好みに応じて選ぶことが可能となっています。さらに自販機のように設置のためのスペースをほとんど必要としないことも、大きなメリットとなります。手軽に導入できて簡単に利用できるのが利点です。

オフィスコーヒーの特徴として、まず定期的に補充されることが挙げられます。消費された分を補給するので、いつでも従業員は利用できます。また提供するメーカーによっても特徴は異なります。例えば外資系で有名なメーカーは複数のコーヒーマシンを用意して、抽出方法も選べるようになっています。コーヒーはカプセル式となっているので、鮮度が保たれているのも特徴です。一方で自販機での提供も行っているメーカーでは、一杯抽出型のものから複数杯分抽出できるブリュワータイプまで用意しています。従業員数が多いオフィスでは便利なオフィスコーヒーとなります。さらにコーヒーチェーン店で有名なメーカーでは、お店の味を安くオフィスコーヒーとして提供しています。